性の感染症の中で一番多いと言われるクラミジアってどんな病気なの?

クラミジアという病名を聞いたことがない人はとても少ないほど、有名な性の感染症です。しかも、感染していることになかなか気づけない病気でもあり、一番怖いのは感染していると知らずに性行為をしてしまうと相手に感染させてしまいます。そんなクラミジアにはジスロマックという薬が有効です。

*

ジスロマックを購入したい時に病院へ行き辛い人は個人輸入が便利

      2016/05/04

ジスロマックは抗生物質で、細菌が増殖することを抑える薬です。耳鼻科や内科、歯科など様々な診療科で化膿を防ぐためにも処方されている薬です。

しかし、ジスロマックを利用すれば症状が収まるのわかっているけれど、病院に行き辛いという病気があります。それは細菌が感染する感染症であるクラミジアです。
性器クラミジアの場合、男女の性器に住み着いているため、性感染症になります。性感染症は病院に行って診察を受けづらい病気でもあるため、我慢してしまいがちですが、特に女性は放置しておくと不妊になってしまったり、赤ちゃんを出産する際に産道感染してしまったりします。骨盤腹膜炎や肝臓の炎症など様々な病気を引き起こしてしまうとも言われています。

それでも病院に行き辛いという場合には、個人輸入でジスロマックを購入することができます。

個人輸入は安全で便利な代行サイトを利用

海外で販売されている医薬品を購入するために、病院に行く必要はありません。日本国内で行うネット通販のように、ホームページなどから購入するだけでしばらく待てば自宅まで配送されます。

海外から薬を通販しても大丈夫なのか、と不安に感じる人もいますが、自分で使用する量であれば個人輸入をすることは認められています。

通院すると、交通費や時間を取る必要があり、仕事をしている人は時間がないことも多いので、治療自体が負担になってしまうことがあります。
しかし自分で服用するだけなので、医師の治療が嫌だという人や時間がとれない人には、負担が少ないため便利な方法です。

また、初めて感染してしまった場合には、自分でも何の病気なのかはっきりしないことも多いため、最初は治療を受けた方が良いでしょう。しかし、再感染してしまった時には「またクラミジアだ」と判断することもできます。海外からの発送のため到着まで多少時間がかかってしまうので、事前に購入して手元に置いておくと、万が一の時にも安心することができます。

便利な個人輸入で注意するのは安全性

個人輸入を行う注意点としては、何らかの副作用が起こった場合にも、自己責任となってしまうことです。

服用の仕方やパッケージには、輸入先の国の言葉で書いてあるため、自分で調べなければなりません。しかし、服用の仕方に大きな違いはありませんので、インターネットで検索すると、和訳された説明の記載があるので安心です。代行サイトもいくつかありますので、負担が少なくなるように安さだけを求めるのではなく、きちんと信用のある安全性の高いサイトを見つけましょう。

その点を注意しておけば、個人輸入でジスロマックを手元に置いておくことは、とても便利なものだと言えます。